トップページ スタッフ 種苗生産の現場より
栽培漁業とは ご寄付・募金 賛助会員募集中
求人情報 お問い合わせ サイトマップ

栽培漁業とは

  栽培漁業は、魚や貝が小さいうちに海へ放流して、大きくなったら漁師や釣り人がとります。
  大きくなるまで育てて、そのままお店などに出荷される養殖業とは違います。
    
               栽培漁業    養殖業

  つくり育てる漁業

  栽培漁業では、卵から稚魚・稚貝になるまでの、自然界では育つのに最も難しい時期を
 人間の手によって育てます。それによって、より効率的に資源を保つことができるのです。
   

  STEP1. 種苗生産  卵をとって孵化させ、室内の水槽で育てます。
    
          アワビの採卵               マダイ受精卵の池入れ           ワムシの培養
 

  STEP2. 中間育成  稚魚や稚貝を放流サイズまで育てます。
    
             アワビの稚貝               海上筏でのマダイのエサやり


  STEP3. 放流 時期や場所に合わせて、一定サイズに育った稚魚や稚貝を放流します。
    
        漁業者によるヒラメの稚魚放流            放流体験イベント


  STEP4. 漁獲 海で育った魚や貝を、漁業者や釣り人がとります。
    
             定置網の水揚げ             水揚げされたマダイの放流効果調査




公益財団法人 神奈川県栽培漁業協会
〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ケ島養老子 Tel:046-882-6980 Fax:046-881-2233
E-mail:info@kanagawa-sfa.or.jp